Skip to main content

CMMSからEAMに移行すべき5つの理由

オンプレミス型の設備保全管理システム(CMMS)は、確かに長年にわたりメンテナンス部門において重要な役割を果たしてきました。しかし、時代の変化とともに資産管理の手法も大きく変わりつつあります。

未だに従来型の設備保全管理システムを使用しているのであれば、今こそHxGN EAMのようなクラウド型の企業資産管理(EAM)ソリューションに移行する時です。

CMMSとクラウド型EAMの違い

過去30年にわたり、CMMSソリューションは、主に作業指示と予防保全作業に関連する基本的な履歴管理機能をメンテナンス部門に提供してきました。

対照的に、クラウド型のEAMソリューションは、過去10年にわたり登場し、世界的な大手企業でメンテナンス業務の進化と変革に寄与しています。HxGN EAMなどのシステムは、単なるメンテナンス業務にとどまらず、異なる部門とのシームレスなコラボレーションやワークフローの効率化を促進する、より複雑で包括的なソリューションです。

オンプレミス型のCMMSソリューションは、変化し続ける企業のデジタルニーズに適応できないことがよくあります。HxGN EAMのようなクラウド型のソリューションへの移行は、生産性向上だけでなく、メンテナンス部門にとどまらず、事業全体に多くの成果をもたらすことができます。

クラウド型とオンプレミス型のメリットを比較する前に、まずはこれら2種類のソリューションの基本的な違いを理解しておくことが大切です。

CMMSソリューションは、「オンプレミス型」のソリューションとして企業に導入されてきました。

一方、HxGN EAMのようなEAMソリューションは、社内のITインフラ上に直接導入するのではなく、遠隔地にある中央のサーバー上にホスティングされます。この手法はクラウドと呼ばれていますが、Software-as-a-Service (SaaS)とも呼ばれており、どちらも基本的には同じ概念を指しています。

クラウド型のEAMシステムに移行するメリットとは?

端的に言うと、数多くのメリットがあります。この資料では、オンプレミス型のCMMSからHxGN EAMに移行されたお客様が報告された、上位5つのメリットをご紹介します。

1. 戦略的な意思決定の強化と見える化の向上:HxGN EAMは、複数のオペレーション領域にわたり広範かつ全体的な可視化を実現し、トップレベルでの戦略的な意思決定の品質向上に大いに寄与します。各資産の購入、稼働、メンテナンスに関連するデータを包括的に可視化することは、メンテナンス戦略や投資計画において戦略的な意思決定を行う上で極めて重要です。

2. コスト削減: HxGN EAMなどのクラウド型ソリューションは、リソースを多く必要とするITインフラ基盤や、その維持にかかる手間や労力に投資する必要がないため、オンプレミス型のCMMSと比較して総所有コストを低く抑えられます。

 HxGN EAMは、他のCMMSでは実現困難な高度な機能も提供しています。例えば、設備資産のエネルギー消費量を継続的にモニターし、設備投資費や運転コストを削減するために必要な情報を取得できます。無駄なエネルギーの消費源を見つけ出し、是正措置を講じることが可能です。また、エネルギー消費率を他の資産管理に関する指標と結び付けて評価することで、資産の修理や交換業務において、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

3. パフォーマンスと生産性の向上:適切なデータを適切なタイミングで適切な関係者に提供し、重要なときに重要な場所で適切な対応を取ることで、パフォーマンスと生産性の向上が期待できます。HxGN EAMのシームレスなモバイル接続により、現場の作業員は作業に必要な全ての情報に簡単にアクセスでき、事務所にいる社員も最新のデータにほぼリアルタイムでアクセスできるため、作業効率が向上します。

4. 柔軟性の向上: ますます混迷を深める社会情勢の中で、多くの企業は変動するビジネス環境に柔軟に適応するため、オペレーション業務の柔軟性向上を目指しています。クラウド型のソリューションはオンプレミス型よりも柔軟性が高く、「サービスとして」アクセスすることで、必要に応じて規模を拡大または縮小しやすいという利点があります。

HxGN EAMは、企業のニーズの変化に合わせて段階的に導入でき、校正、電子署名、設備・車両管理など特定の機能を後から追加できます。

5. 持続可能性の向上と規制遵守:エネルギー消費量のモニタリングと同時に、オペレーションが環境に与える影響も把握できます。HxGN EAMは、エネルギー使用状況とCO2排出量の報告要件を満たし、地域社会の環境基準を順守するため、CO2排出量の削減を後押しする機能を搭載しています。

CMMSからHxGN EAMに移行する作業は複雑ですか?

多くの人は、新しいソフトウェアシステムへの移行作業が既存の業務負荷に追加され、社員の負担が増すのではないかと懸念しています。しかし、実際にはそんなことはありません。

当社は、お客様がオンプレミス型CMMSからHxGN EAMへスムーズかつ迅速に移行できるよう取り組んできました。また、HxGN EAMは非常に使いやすいため、社員はわずか2週間のトレーニングで操作できるようになります。

また、旧システムに保存されているデータを保持し、クラウドに移行することもサポートいたします。このアプローチにより、新しいシステムやプロセスの導入で負担をかけることなく、社員は上記のようなメリットをすぐにでも実感できます。

HxGN EAMがお客様のメンテナンス部門にもたらすメリットについて、詳細を知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。